スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
即決の効果と戦略
即決の効果が出始めております。
ウォッチが入っていない本も一発落札で旅立っていく今日この頃。

一日に1冊は落札されていく常態。
今月は2万の利益を目処に出品しています。

夢斗の場合

超薄利本(100円以下の利幅)
薄利本(100円~300円内の利幅)
通常本(300円~1000円内の利幅)
利益本(1000円~3000円内の利幅
超利益本(3000円超の利幅)

と大まかな定義しています
定義は個人個人の目標で変動すると思いますが
激甘の仕入基準で仕入れた本などは超薄利~薄利本に含まれています。

同じ本を出品している方と価格競争を行っていた時代もありましたが、現在は共存を心がけております。
即決価格や出品価格をライバルと同額とする事で純粋に勝負できます。

また、オークファン等での過去の落札金額を調べてみても、無闇な価格値下げは自分のこれからをキツクするだけと考えます。

ミクシーのコミュで「アマゾンの1円商品に対抗」している方の書き込みを見つけました。
アマゾンでは自動価格改定ツール等で最安値に改定されてしまう事もあるようです。

まだ副業レベルではない方や、趣味程度でやっている方(夢斗レベル)はむやみな価格破壊は行わない事が
利益UPにつながります。

また、同じ本を出している方の出品物をアマゾンで調べると「アマゾンの倍近い」金額で出品している方も多くいらっしゃいます。
それでも売れていく事実を見た時、この戦略こそが「せどり」のキモなんじゃないか?
と思いました。

レアな本、コアな本は高額でも欲しい人は買う。
アマゾンでは現物の写真がないので状態に不安がある
回転本はアマゾンに分があるが、アマゾンにない本は「オレ様価格が設定できる」

考えられる事は全て試してみようと思いますが、どうしても手っ取り早く「ヘソクリ」が欲しい
高額本・超高額本は強気なままで、回転本を薄利にして評価を増やし、安心感を与え、色々なジャンルからの集客がヤフオクで「せどり」を行う秘訣かもしれません。


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/10/19 09:24】 せどり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
効果有り!即決設定
ランキングが30番台まで上ってしまい、こんなヘナチョコセドラーは50位以下で丁度良い!と怒られそうなので暫く更新をしていませんでした。

その間にヤフオクとアマゾンのメリットとデメリットを考えていたら、面白いことに気が付きました。

ある程度の利益が見込める本は
即決価格を設定する
と言う事です。

例えばアマゾンであれば15%の手数料が取られるらしいですが、ヤフオクは5%と低い訳です
10%の差の分、アマゾンの方が高値設定をしなければ同じ額にならないと言う事ですね。

経費や労力、その他手数料等は今回は考えません。あくまで単純計算です(←ココ考慮してね)

アマゾンと同じ値段で出品、ある程度アクセスとウォッチが入った段階で即決価格を設定する。
たったコレだけで落札件数がかなり伸びました。

105円仕入で600円程度で出品、ウォッチが数件入ったが入札が入らない。
アマゾンでは1000円近い値が付いているから、競ってくれると思いきや入札1の600円落札!

なんて場面がヤフオクでは多く見られます。

それならば!!!と同じ本をまた仕入れ
600円出品で900円即決にしてしまえ!と勢いでやってみました。

2日後・・・・

見事に900円で即決落札でした。

アマゾンは売りたい値段で売る。
ヤフオクは競い合って値段が上がっていく。

そんな固定観念がありましたが、即決価格を設ける事でアマゾンスタイルの出品が出来るわけです。

回転本のはずなのに、なかなか入札が入らないモノや
ウォッチは入っている、アクセスは確実にウォッチに入れた人だろう的なオンリーワンなモノ
アクセスは多いのに入札が入らないモノなどに効果があるようです。

オークションの「入札者が熱くなり、思いのほか競ってくれて相場以上の金額で売れる」システムは
同時に「どこまで金額を出せば落札できるか解らない」と言った不安もあると思います。

裏を返せば「この値段を出せば確実に手に入る」と言う明確な金額を提示しちゃうわけです。
オークションなのにオークションじゃないスタイルです。

お試しあれぇ~

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
【2012/10/08 18:26】 せどり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。